猫の鼻水は病気かも?猫の鼻水に関する豆知識(症状・原因・危険性・対処法)

愛猫が鼻水を垂らしていたらどうしますか?

ちょっと鼻が垂れてるけど、このくらい大丈夫かな…。

なんて思っていると大変な病気が隠れているかもしれませんよ。

飼育係

そうなの?!あれ?!ぼんちゃん鼻が濡れてる。病気かもしれない!病院行かなきゃ!

ぼん

ちょっと落ち着いて。たしかに猫の鼻水は危険な病気が原因で起きている可能性もあるんだけど、元気な時でも鼻水が出ていることもあるんだよ。猫の鼻水について、もうちょっと勉強しなさい。

飼育係

猫もうさぎも犬も、みんな大切な家族だもん。少しでも長く一緒にいられるためには正しい知識を身に着けないといけないね。

ぼん

ぼんが「猫の鼻水」についてわかりやすく解説するから、しっかりついてきてね。

この記事ではコレがわかる!
  • 通常の「鼻の湿り」と異常事態の「鼻水」を見分けられるように、日頃からよく愛猫を観察しておくことが大切。
  • 猫の鼻水には命に関わるほどの危険な病気が隠れている可能性もある。
片手をあげている猫

【猫の鼻水】猫の鼻が濡れていたらどうすればいい?

そもそも猫の鼻はもともと濡れている

ぼん

そもそも、猫の鼻ってもともと濡れてるものだからね。

猫の鼻が濡れている理由は以下の通りです。

猫の鼻が濡れている理由
  • ニオイの分子をキャッチしやすくするため(猫の嗅覚は人間の数万〜10万倍)
  • ウィルスや細菌をブロックするため
  • 温度を感知しやすくするため(鼻でわずか0.5度の温度差を感じることができる)
  • 温度を感知して、風向きを知るため
飼育係

猫の鼻ってすごいんだね!!

逆に、猫の鼻が乾いている時もあります。

ぼん

寝ている時や寝起きはだいたい乾いてるんだよね。

寝ている時や寝起きは、鼻を濡らす分泌液があまり分泌されないため、乾いた状態になるのです。

しっかりと覚醒している時に、乾いた状態が続く場合は体調不良の可能性もあります。

いつもと様子が違うなと感じたら、動物病院で診てもらいましょう。

ぼん

猫ちゃんの異変にすぐに気付くためにも、日頃からしっかりチェックしてあげてね!

猫の「鼻の湿り」と「鼻水」の見分け方

飼育係

でも常に鼻が湿ってるなら、通常の「鼻の湿り」と異常事態の「鼻水」はどうやって見分けたら良いの?

ぼん

これも、普段からよく鼻を観察しておくことですぐに見分けられるようになるよ。

鼻の湿りと鼻水の見分け方
  • 普段よりも鼻が濡れている状態が長期間つづく
  • 寝ている時も鼻が濡れている
  • 明らかに鼻水のような水分が多く出ている
  • 鼻周りがグジュグジュになっている
  • 鼻水が詰まってフガフガと息が苦しそうにしている
  • 鼻水と合わせて、クシャミや咳、下痢などの症状が出ている

上記のようなことがあれば、異常事態の「鼻水」である可能性が高いです。

飼育係

良かった。ぼんちゃんの鼻水は通常の「鼻の湿り」だ。良かったー!

ぼん

だから大丈夫だって言ったでしょ。普段からちゃんとチェックしておいてよね。

猫の鼻

猫の鼻水が出ていた時の対処法

飼育係

猫の異常事態の鼻水が出てる時は、どうしたらいいの?風邪?それとも危険な病気だったらどうしよう!?

ぼん

落ち着きなさいよ!まずは猫ちゃんの鼻水や体の状態をチェックしてね。

猫の鼻水の状態をチェック

病気でなくても鼻水が出ることはあります。その場合は通常透明でサラサラしています。一方で病気にかかった時には、色や粘度が変化することが多いです。どう変わったのかは、獣医師の病気の診断をするうえでも重要なので、しっかり観察しておきましょう。

猫の鼻水は危ない? 知っておきたい猫の鼻水の原因と対策

猫の鼻水の色、粘度、血が混ざっていないか?などをよく観察します。

鼻水が詰まって苦しそうにしている場合は、ティッシュやウエットティッシュなどで優しく拭き取ってあげます。

ぼん

動物病院に連れて行くときは、鼻水の状態を確認してもらうために携帯やスマホで鼻水が出ている様子を撮影しておくと良いよ。拭き取った鼻水を持参するのもアリだね。

猫の鼻水と合わせて起きる体の症状をチェック

ぼん

猫の鼻水の状態をチェックした後は、猫の体に起きている症状もチェックしてあげてね。

鼻水と合わせてチェックしたいポイント
  • クシャミ、咳はないか?
  • 熱はないか?
  • 目ヤニは出てないか?
  • 便の状態は正常か?(下痢や便秘、血便など)
  • 嘔吐はないか?
  • 体に傷やシコリなど異変はないか?
  • 元気はあるか?
  • 鳴き方や触った時の反応はいつも通りか?
上記のようなことをよくチェックしましょう。

必要があれば、携帯やスマホで画像や動画に撮ったり、メモを取っておいたりしておくと動物病院で説明するときにスムーズですね。

猫の鼻水の原因として考えられる病気

猫の鼻水の原因として考えられる病気はたくさんあります。

アレルギーや猫風邪、鼻炎、細菌性の感染症、肺炎、鼻腔内腫瘍などさまざま。

ぼん

場合によっては人間や犬にも移る感染症や、命に関わる病気が原因として隠れている可能性もあるんだよ!鼻水を侮ってはいけないよ!

【猫の鼻水】いつもと様子がおかしい!と感じたら迷わず動物病院へ

猫の鼻水は放置しておくと、とんでもない危険な病気が隠れている可能性もあります。

異常事態の「鼻水」が出て、いつもと様子がおかしい!と感じたら、迷わず動物病院で診てもらいましょう。

上を向いて鼻を見せる猫

【猫の鼻水】まとめ|症状を見落とさないように日頃からのチェックが大切

POINT
  • 猫はもともと鼻が濡れていて、ニオイや温度をキャッチするなどの役割がある。
  • 通常の「鼻の湿り」と異常事態の「鼻水」は、日頃から猫をよく観察しておくことで見分けることができる。
  • 猫の鼻水は危険な病気が原因の可能性もあるため、いつもと様子がおかしい!と感じたら迷わず動物病院で診てもらう。
ぼん

猫も人間の言葉を話せたらいいのにな。体調崩したらすぐに気付いてもらえるから。

飼育係

話すことができない分、飼い主がいち早く異変に気付いてあげないといけないね!

飼い主の足を噛む猫

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキングに参加中です↑

ぼん

この記事が面白かった!役に立ったと少しでも感じたら、上↑のバナーをクリックして応援してね。励みになるよ。

【2019年最新】3000円無料の猫用ピュリナワン定期お届け便のやり方・解約方法・メリット・デメリット【愛猫のためのフード選び】ピュリナワンキャットフードの特徴・種類・口コミを徹底調査【閲覧注意】富士通ゼネラル脱臭機PLAZION(プラズィオン)のお手入れ方法PLAZION(プラズィオン)レビュー|ペットの気になるニオイを強力消臭できる脱臭機の効果とデメリット【愛猫の歯周病予防】歯磨きできない子のための効果的な口腔ケアとは?ペットと添い寝してはいけない理由ペットと添い寝ダメ!犬・猫と一緒に寝てはいけない6つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です